メンテナンスで貴重品は長持ち〜オーバーホールの重要性〜

人気モデルがある

腕時計を代表するブランドがあります。このブランドが歩んできた歴史は、そのまま腕時計が歩んできた歴史と重なるといっても過言ではありません。それがスイスを代表する時計ブランドであるロレックスなのです。
ロレックスのラインナップには男性用も女性用もありますが、特に時計を身につけるということは男性にとってステータスにもなるという歴史的な背景から、男性の愛用者が多いのが特徴です。
ロレックスが何故腕時計の代名詞になるのかというと、懐中時計から腕時計への移行を推進したのがロレックスだからです。20世紀初頭には腕時計ではなく懐中時計を持つ人が多く、紳士の嗜みとしても推奨されてきました。
そんな状況の中、ドイツの実業家がロンドンに時計会社を立ち上げ、その会社がスイスと提携して時計を作り出す時にロレックスという名前に変更されたという経緯があります。
ロレックスは腕時計の中では初めて高精度であると公式に認められた製品を製造し、今でも世界中で人気を博しています。世界中に支店があるため、オーバーホールも簡単に行えます。

貴重で人気のある時計なので、世界中どこで身につけていてもステータスになるのがロレックスの時計です。時計はオーバーホールを定期的に行ない、正常に動いていることでより輝きを増します。
オーバーホールを定期的に行っていれば、こういった高精度な時計はいつまでも動き続けるので、オーバーホールできる環境があるならば必ず行なうことが推奨されています。
オーバーホールは3〜4年に一回で良いので、それほど難しいことではありません。

↑ PAGE TOP