メンテナンスで貴重品は長持ち〜オーバーホールの重要性〜

メンテナンスの重要性

ロレックスなどの高級時計は正規店がメンテナンスや修理を行ってくれているので、性能を理解し、正規の部品を使って修理してくれます。もし売却するときにはこういったムーブメントなどの内部もチェックすることになり、正規の部品を使っていた方が値段も高額になります。
修理だけでなく、高級時計や機器を利用している時には定期的にオーバーホールをすることも考えなければなりません。カメラや時計などには必須となってくるこのオーバーホールは、定期的に行なうことで長らく使用することができます。
ロレックスの正規店では、3〜4年ごとのオーバーホールと、修理も一挙に引き受けてくれます。

オーバーホールという作業では何が行なわれるのかというと、部品を分解し、掃除・点検を行ない、また元に戻すという作業です。その他ロレックスのような高級時計をメンテナンスするには普段でもこまめに掃除をすることが求められますが、オーバーホールは中々自分では簡単に行なうことができません。
特にロレックスは高性能のムーブメントが搭載されているということで有名なブランドであり、使われている部品も超精密なものです。このため、素人が簡単に取り外して組み立て直すということはできません。
ロレックスの愛好家であれば、こういった性能を理解し、オーバーホールを行っているが、大抵時計は壊れてから修理店に持ち込まれることが多いです。修理となると部品を揃えるためによりお金がかかってくることが多いので、そうなる前にオーバーホールを行ったほうが良いといえる。
正規店であればオーバーホールの代金は4万円ほどかかってくるので、そのことも考慮にいれる必要があります。

↑ PAGE TOP